アクセスカウンタ

<<  2017年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


秋田中央交通の都営HR

2017/06/17 21:37
新しいバスが来てもなかなか見に行かなかったりします。
他の方のブログを見て気になっていたのですが、ふと思い出して寄った和田駅にて。

画像
画像

秋田200か1250  KL-HR1JNEE 元都営バス
秋田中央交通にやってきた都営のHRです。教養大学方面の路線に元ユーグル向けだった車両と共に使用されています。

画像
画像

車内はみんくるがそのままで、売却再開後先に都営からの車両導入した羽後交通とは異なっています。
運転席最前列の座席は取っ払われています。

画像

増設暖房。

画像

銘板も一応。
平成15年式ということでK代車でしょう。

教養大方面は休日でも3交番あるようで、他の車は211と217でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


関鉄グループの試験運行バスに乗る(3.神栖市社会実験バス)

2017/06/16 21:22
ここまではグループ会社の運行するバスでしたが、ここからは関鉄本体の運行する試験運行バスです。

画像

今回は2016年12月1日より運行が開始された神栖市社会実験バスについてです。
矢田部公民館〜神栖済生会病院を主に関鉄の一般路線である利根川線に沿って運行するものです。

本数の多くない神栖市内の利根川線の増便のほか、利根川線沿線から神栖済生会病院への便を図ったものと思われます。

神栖市内には旅客駅がないため、この路線もバス路線以外との接続はありません。
矢田部公民館では銚子方面への一般路線のほか、隣接する土合ヶ原団地バス停には東京方面への高速バスはさき号と乗り継ぐことが出来ます。

運賃は一般路線との重複区間が多いためか、通常の関鉄と同様の賃率となり、170〜670円の距離制となっています。

画像

取材時は正面に垂れ幕を掲げたMKがやってきました。

画像
画像

LEDには「神栖市社会実験バス」の文字が入ります。また、他区間のため、車内の運賃表示機や整理券発行機も作動します。

一旦労災病院を経由してあとはしばらく利根川線の経路。昔ながらの家々の通りを走ります。
と思ったら広い道に出てゆーぽーとはさきへ。路上に海岸線と共用のポールがあるだけです。
右折を繰り返し、須田団地から西宝山児童公園前へ。この辺は社会実験バス用に新設されたバス停で、やたら名前が長い上にバス停間も非常に長くなっています。コンビナートが見えると丘の上の終点の神栖済生会病院につきます。

乗客は土曜日ということもあってか、1人が乗っただけでした。

(4.稲敷エリア広域バスに続く)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


横浜市営リエッセ

2017/06/14 20:42
横浜市営からのリエッセが再びやってきました。

角館に1台配置された「か1014」の後、間が空きましたが2017年5月に登録、6月初旬に各営業所に配置されています。
今回の車両はPB-RX6JFEAで、恐らく2004年式と思われます。2台がやってきました。

画像
画像

秋田200か1264
こちらは大曲営業所に配置された1台です。主に大仙市コミュニティ向けに使用されています。
横浜市営時代は幕だったようですが、なぜかLEDに換装されていますが、前後面のみの設置で側面にはありません。
このためか、この車両のみ大仙市コミュニティバスのサボに行き先・経由地を記載しています。

画像



前面の特徴的な「リフト付きバス」の部分は塗りつぶされています。
他のリフト付きリエッセには車椅子マークが貼り付けられていますが、この車両にはないため、使用しない(または出来ない)ということなのでしょうか。

車内のシートは「か1014」と異なり、優先席部分を除き張替えられています。特徴的なシートを持つ車両は都営エルガ以降張り替える方針のようですが、優先席部分のみそのままなのも気になるところです。

この車両を代替として元千里山バスのRB「か11」の廃車準備が行われている情報があり、確認中です。

画像

秋田200か1265
こちらは角館営業所に配置された1台です。車両の状況は上の「か1264」と大きくは変わりありません。
大仙市コミュニティバス向けの表記がないため、側面には別途サボ受けが設置されており、運行の際は掲示して運行するようです。

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2017年6月のブログ記事  >> 

トップへ

五里合交通センター乗務記録 2017年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる